あたためて あたためて 今ここに

菓子はつくり手の心の表現でもあります
八頭司伝吉は初代伝吉が 羊羹屋の「のれん」をかかげて百有余年
ここに歳月を超え歴史の重みに風格をしのばせ 四代目伝吉が初代の秘伝に「こだわり」
日本でもめずらしい羊羹をつくりました 移りゆく日本の四季 自然の中に
時空を超え日本の菓子から いにしえの形と味を再現した「羊羹」です
菓子の真髄は、「心・技・材」に手間ひまを惜しまず
庶民的な中に意外な繊細さを「菓子五感の芸術」に求める
そして伝吉の伝統を知新との調和によってかもしだす
「昔ようかん」は 口の中でゆっくりとほどけてゆく そんな羊羹です
八頭司伝吉は まさに「羊羹一筋」 「一期一会」の精神に羊羹本来の醍醐味を大事に
敢えて一つ一つ工程をふまえていきます
これが八頭司伝吉の姿勢であろうと思います
完璧を職人気質 一徹な菓子づくり
人生を通じ多くの人に知っていただきたい 伝えつづける八頭司伝吉です

 

 

八頭司伝吉の歴史

明治38年(1905年) 草創期、伝吉研鑚に励む
大正10年(1921年) 小城駅通りに店をかまえる(八頭司傳吉本店)
昭和10年(1935年) 二代目伝吉継承、八頭司典之
昭和40年(1965年) 有限会社八頭司伝吉本舗設立
昭和43年(1968年) 小城の昔ようかん登録商標取得
昭和48年(1973年) 最高技術賞(於 第18回 全国菓子大博覧会)
昭和52年(1977年) 厚生大臣賞受賞(於 第19回 全国菓子大博覧会)
昭和59年(1984年) 高松宮殿下名誉総裁賞受賞(於 第20回 全国菓子大博覧会)
平成元年(1989年) 三代目伝吉継承 八頭司 博
名誉無監査賞受賞(於 第21回全国菓子大博覧会)
平成14年(2002年) 裏千家家元賞(於 第24回全国菓子大博覧会)
平成20年(2008年) 橘花榮光賞(於 第25回全国菓子大博覧会)

 

PAGE TOP
PAGE TOP